同志社大学 2025 ALL DOSHISHA 募金

ホーム > 顕彰制度

顕彰制度

卒業生や各界でご活躍の方々、ご父母の皆様はもとより、本学の教育理念と募金事業にご理解をいただき、温かいご支援をいただける皆様を「同志社大学篤志会」会員とさせていただきます。
寄付者の皆様のご支援に感謝し、会員の皆様とは、大学との永続的なコミュニケーションを図るため、クリスマスカード・広報誌などのサービスをご提供させていただくほか、「同志社大学 2025 ALL DOSHISHA 募金」の募集期間中にのみ適用される独自の顕彰制度として、「贈呈品による顕彰」、「礼遇による顕彰」、「称号による顕彰」を以下の通り行う予定としておりますので、ご支援のお申込みを心よりお待ち申し上げております。

贈呈品による顕彰(1度の寄付金額をもとに顕彰)

基準となる金額(対象) 内容
寄付者全員 募金報告書(寄付実施年度の報告書)の送付
5万円以上 寄付金額に応じて、オリジナルグッズを贈呈

礼遇による顕彰(累計の寄付金額をもとに顕彰)

基準となる金額(対象) 内容
寄付者全員 ご芳名を芳名録(ホームページ、広報誌など)に掲載
10万円以上 銘板への芳名掲載
100万円以上 同志社大学学長との感謝会にご招待
300万円以上 アーモスト館ゲストハウスへの宿泊にご招待
500万円以上 french restaurant will(同志社大学寒梅館)での
大文字観覧にご招待

「同志社大学篤志会」の称号による顕彰(累計の寄付金額をもとに顕彰)

基準となる金額(対象) 称号の種類
100万円以上 「特別篤志会員」
300万円以上 「名誉篤志会員」
500万円以上 「栄誉篤志会員」
1000万円以上 「終身栄誉篤志会員」

※称号授与式を行い、バッジおよび称号の記された記念盾を贈呈