• TOP>
  • ご挨拶 / 同志社の募金精神

同志社の募金精神

グレイス教会での演説想像図

人々の清心により生まれ、育まれた同志社
今に受け継がれる新島襄の募金精神

1874年秋、米国ヴァーモント州ラットランドのグレイス教会。新島襄は、この教会で開催されたアメリカン・ボード(海外伝道会社)の年次大会で登壇し、「日本にキリスト教主義の学校をつくりたい」という大志を感涙とともに訴えました。
新島の話に感動した聴衆から次々と寄せられた献金。その中には、年老いた農夫と寡婦からそれぞれ手渡された2ドルがありました。
「これは私の持っているお金のすべてです。これをあなたの目的のために役立ててください」
新島にとっては忘れ得ぬ出来事でした。

こうして多くの人々の清心に支えられ、京都の地に生まれた同志社。
創立者・新島襄は、当時親交のあった勝海舟に「大学の完成には200年を要する」と述べたと伝えられています。遠い未来に思いを馳せた新島の胸中には、「日本を近代国家として牽引する人物を育成したい」という壮大な願いがありました。
次のような、新島の遺した演説草稿があります。

同志社大学設立募金演説草稿 より
				諸会社ヨリ生スル利潤ハ直接ノ利子ナルモ、此ノ人物ヲ生ミ出スノ利益ハ即チ間接ノ利子ト云ハサルベカラス、之ヲ義捐シテ之ヲ消費シ、去テ返ラサルノ類ニアラス、早晩五十年百年否千年ノ後ニ、幾百万ニモ替ヘキ所ノ人物カ出テ我カ国家ヲ利スルノ日アラハ、諸君ノ今日義捐セラルヽ金円ハ義捐ノ名義ヲ一変シテ義蓄ノ資金ト初云ハサルヘカラス

グレイス教会で献金を訴えたあの日から変わることのなく「社会の協力を得て、良心と自由を持った人材を育てたい」「育成した人物の力で、社会全体を豊かにしたい」という新島襄の志。
同志社の募金活動には、この新島襄の遺志が受け継がれているのです。