学校法人同志社「募金のご案内 ~We Support Doshisha~

 ホーム > 募金一覧 > 同志社国際中学校・高等学校教育施設等整備資金募集

募金一覧に戻る

同志社国際中学校・高等学校
http://www.intnl.doshisha.ac.jp/

同志社国際中学校・高等学校教育施設等整備資金募金についてのお願い

募金のお申し込み お問い合わせ・資料請求

本校は関西で唯一、帰国生徒を受け入れることを主な目的として開校した学校で、今では日本で最も帰国生徒在籍人数の多い学校になりました。長い海外での生活によって、日本での学校生活の経験が少ない生徒が本校には多くいます。一方、定員の三分の一は日本の学校生活のなかで学びの経験を重ねてきた一般生徒です。本校が提供する学びの空間は、日本の学校で学び続けてきた生徒や、逆に海外での生活が長く日本での学校生活の経験が少ない生徒が共存する、グローバルな多様性にその特徴があります。ここに本校が永年育ててきた学校の文化があり、教育理念の根幹があります。

本校が実践してきた教育は、帰国生徒も一般生徒も区別なく、多様な生徒一人ひとりの個性を尊重し、一人ひとりの特性を伸ばそうとするものです。そして、確かな知識と高い語学力を身につけることはもちろんですが、多様な生徒が集まっている環境をうまく活用し、自己の主体性を確立し、その上で多様な価値観を認め尊重し合うことができる、真のコミュニケーション能力を身につけた生徒、すなわち、国際社会でしっかり活躍できるグローバル・リーダーの育成を目指しています。

このような本校の教育が評価され、本校は2015年度から5年間、スーパーグローバルハイスクールの指定を受けました。これにより、同志社大学をはじめ外部の協力も得ながら、一段と質の高い教育を実践していくことが可能になりました。しかし、教育効果をより高めるには、少人数での授業の展開を増やさなければなりません。さらに教育施設・設備の充実も重要な課題となります。また、心豊かな生徒を育てるためには、学校内での生活環境の整備も大切です。本校はこれまで、校舎の増築、既存校舎の一部改修、グラウンドとフリースペースの人工芝化、寮の改装などを中心とした改修を進めてきました。しかし、生徒たちが今後も快適な環境で学校生活を過ごせるように、これからも教育環境充実のための努力を続けなければなりません。

保護者の皆様には、諸事ご多端の折誠に恐縮に存じますが、全ての生徒の心を豊かに育てる質の高い教育を、良好な施設・環境のもとで提供し続け、それらをさらに発展させるために教育施設等整備資金の募集を広くお願い申し上げる次第でございます。お子様方を「良心が全身に充満したる」逞しいグローバル・リーダーとして育てる本校の教育にご理解を賜りまして、何とぞ皆様のお力添えをいただきますよう、衷心よりお願い申し上げます。


敬具

2018年4月 学校法人 同志社
総長・理事長 八田 英二
同志社国際中学校・高等学校
校長 川井 国孝

寄付金募集要項

【募集金額】 1億円

【募集期間】 2019年2月28日まで

【お申込金額】 一口 10万円

寄付金は任意ではございますが、なにとぞよろしくお願い申しあげます。
なお、一口未満のご寄付もありがたくお受けいたします。

募金のお申し込み お問い合わせ・資料請求